読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジア旅行に行く前に

カンボジア旅行に行く前に知りたかったことをまとめています

カンボジアの言語|英語は通じる?カンボジアの気になる言葉

海外旅行で気になるのが言葉の問題。カンボジアも現地で英語でコミュニケーションがとれるのか、気になりますよね?

f:id:cambodiatrip:20161222123121j:plain

 

カンボジアでは現地語であるクメール語を使います。

 

よく使うあいさつ(ありがとうなど)は、前回の記事でご紹介をしました。

cambodiatrip.hatenablog.com

 

日本人にとって馴染みのない現地語をマスターするのはハードルが高いので(汗)

英語がどの程度使えるのか、今日はご紹介をしたいと思います。

 

カンボジア旅行で英語が使えれば問題ない

結論を言うと

 

英語が話せれば、まったく問題ない。

 

カンボジア人の方がみなさん英語が話せます。観光地で英語が通じる困る、という経験はしたことがありません。

 

カンボジアで英語が通じる理由

カンボジアの観光で訪れる場所は、シェムリアップが圧倒的に多いでしょう。世界遺産アンコールワットがあるためです。Trip adviserの【行ってよかった!日本人に人気の海外観光スポット ランキング 2015】では、なんと、カンボジアシェムリアップアンコールワット遺跡群が第1位!

tg.tripadvisor.jp

f:id:cambodiatrip:20161222123642j:plain

 

スペイン・バルセロナや、ペルー・マチュピチュを抑えての1位がアンコールワット意外とカンボジアは人気がある観光地なのです。

 

カンボジア政府によると2020年までに外国人旅行者は年間750万人に達する予想がでていました(2013年発表)。

www.sankeibiz.jp

 

これだけ世界中から観光客が訪れるようになると、共通言語は英語です。

f:id:cambodiatrip:20161222130150j:plain

アンコールワットがあるシェムリアップでは、英語ができないとカンボジア人は仕事が見つかりません。

だから、みな、英語が話せるようになります。

 

私のカンボジア人の友人のガイドさんは、カンボジア人が英語を話せるようになる理由をこのように言っていました。

 

カンボジアでは、英語が話せるかどうかで就職の選択肢の数が全然違う。もっと言うと、英語+フランス語、英語+中国語、英語+韓国語のように3か国語ぐらいを話す人もたくさんいる。

当然、話せる言葉が増えれば増えるほど給料もあがる。

だから、言葉はみな一生懸命勉強するよ。

 

そして、世界中から観光客が来ているから彼らと交流をしながら、なんとなく話せるようになる人もいるよ。

 

なんと、うらやましい!!!

 

日本と違い、外国語に触れる機会がたくさんあるカンボジア。しかも、積極的に交流をすることで、ドンドン言葉を実践で覚えていくようです。

……日本の英語教育とは真逆ですね。

 

そんな感じでゆるーく言葉を覚えるため、カンボジア人が話す英語は文法がめちゃくちゃだったりします。でも、そんなの全く問題ないんですよね。なんとなーく言いたいことは伝わります。

正しい英語じゃなくても、カンボジア人は全く気にしません(笑)

 

このため、英語が堪能な方にとっては、「????」となってしまう可能性がありますが、英語に苦手意識を感じて、カンボジア旅行をしようとしている方には朗報です。カンボジア人もネイティブではないので、簡単な単語を使いコミュニケーションをとってくれます。

 

ぜひ、英語でたくさん話しかけてみて、カンボジア人との交流も楽しんでくださいね。

 

カンボジアの英語の特徴

アジア特有のなまりがあります。

f:id:cambodiatrip:20161222130127j:plain

カンボジア語が子音が多く、(プッ)、(テッ)、(ック)などの日本人には聞きなれない音があるため、カンボジア人が話す英語も聞き取りにくいことがあります。

 

私も以前、Test(テスト)=テッ、と聞こえて???となったことがありました。

 

彼らはきっと、testを発音してくれているのですが、どうも子音「st」が聞き取れない状態。このため、「Text」もテッ、となってしまう始末。慣れるとどうってことはないのですが、カンボジア人の英語は子音が消えてしまうと頭の片隅に覚えておくと焦らないかもしれません。

 

カンボジアで英語が通じない場所

それでも、カンボジアで英語が通じない場所もありました。

あまり一般の方には行く機会がないかもしれませんが、下記のような場所に行く方は英語が現地ガイドさんや通訳の方を準備されると安心だと思います。

 

ローカル市場

f:id:cambodiatrip:20161222130320j:plain

 

 現地の方が使うローカルな市場は英語が通じません。

値札もないため金額は交渉だったりします(笑)

 

現地の暮らしが垣間見れるとても面白い場所ですが、観光客だけで訪れるにはハードルが高いかもしれません。

f:id:cambodiatrip:20161222130556j:plain

 

現地オプショナルツアーで、ローカル体験ツアーを取り扱っている会社もありました。最初は、こういう現地ツアーを利用した方が安心です。

www.veltra.com

 

村・学校

f:id:cambodiatrip:20161222133421j:plain

スタディーツアーやボランティアツアーで農村や学校訪問をする場合は、英語が通じないでしょう。

ツアーで参加する場合は、ガイドさんや通訳さんがいらっしゃると思うので、心配ありませんが、現地語のあいさつなど、少し事前に勉強をしておくと現地の方とのコミュニケーションがとれると思います。

 

f:id:cambodiatrip:20161222133556j:plain

 

見渡す限りの地平線。日本では絶対見られない世界なので、カンボジア旅行の際は、ぜひ、見ていただきたいです。

 

(私もまた行きたくなってきた……)

 

英語が心配な人におススメのお助けグッズ

 英語が苦手……カンボジア旅行が不安という方にはおススメの1冊。指差し会話帳シリーズのカンボジア版。タイトル通り、本のイラストを指で示せばコミュニケーションがとれるという優れもの!(もはや、言葉不要!)

 

お守りとして持っていくと安心かもしれません。

旅の指さし会話帳〈19〉カンボジア (ここ以外のどこかへ)

新品価格
¥1,680から
(2016/12/22 13:22時点)

 

まとめ

カンボジア旅行では英語が話せれば言葉の心配は不要です。

英語が苦手でも簡単な旅行英会話本が1冊あれば、問題ないでしょう。

 

フレンドリーなカンボジア人と、たくさん交流しながら進めるカンボジア旅行も、とっても楽しいですよ!

カンボジア語で「ありがとう」は?カンボジア旅行が3割楽しくなるあいさつ3つ

カンボジア旅行前に覚えて置きたいことシリーズの1つがあいさつ。 現地の人と交流をするのに「言葉」は大事なツールです。

f:id:cambodiatrip:20161221113814j:plain

 

海外旅行では言葉の問題が立ちはだかります。カンボジアでは英語が通じるのか?と不安になっている方向けに、カンボジアの英語事情についてもご紹介しました。

 

cambodiatrip.hatenablog.com

 

 

カンボジアにはクメール語という現地語があります。あまり、日本では聞く機会がないため、カンボジア旅行前は知らない方がほとんどではないでしょうか?

 

カンボジアの観光地は、ほぼ英語でコミュニケーションをすることが可能ですが、現地語のクメール語をいくつか知っておくと、現地の方とやり取りが楽しくなります。

そこで、今日は、ぜひ、覚えておきたいカンボジア語のあいさつを3つご紹介します。

 

1.カンボジア語「ありがとう」

カンボジア旅行の際に、一番使うあいさつ「ありがとう」

 

f:id:cambodiatrip:20161221113859j:plain

ガイドさんやお店の人にカンボジア語クメール語)で、「ありがとう」と伝えられたら、現地の方も喜んでくれるはず。せっかく、カンボジアに行くのだから現地での交流も楽しみたいものです。

 

カンボジア語クメール語)で、ありがとうは、

 

「オークン」

 

カンボジア語クメール語)のレッスンがyoutubeにありました。

発音は、ぜひ、youtubeで確認をしてみてください。

 

 

「ありがとう」=「オークン」

は、いろんなシーンで使えます。バッグを持ってもらったとき、道を教えてもらったとき、お店を出るとき……日本語と同じ感覚で使って問題ありません。

 

Thank you ありがとう ・・・オークン

Thank you very much どうもありがとう・・・オークン チュラーン

 

「ありがとう」も英語と同様、強調することができます。

たくさんの感謝の気持ちを伝えたいときは、「オークンチュラーン」と言うと、より気持ちが伝わるでしょう。

 

カンボジア人はとてもフレンドリーで陽気な人が多かった印象。気さくに話しかけてくれて、仏教徒が多いためか親切な人も多かったです。カンボジア語クメール語)で「オークン」と、感謝を伝えると、みなさん喜んでくれました。

そんな小さなコミュニケーションが旅を楽しくしてくれるスパイスになるな、と、感じました。

 

 

2.カンボジア語「美味しい」

 私が食いしん坊だから 旅行での楽しみは食事。その国ならではの美味しいものに出会えると、とても幸せな気持ちになります(笑)

カンボジアでもたくさんの絶品料理と出会いました。いつか、また別エントリーでご紹介したいと思います。

 

そして、この食事の時、「美味しい!」と言えると、店主も喜んでくれます。

ローカル店だと上機嫌になった店主がサービスをしてくれるかもしれません(笑)

f:id:cambodiatrip:20161221120137j:plain

 

「美味しい」は少し発音が難しいです……

 

「チガィン」

「チガィン」

 

「チガィン」

 

 

文字だけだとイメージが湧かないと思うので、これもyoutubeをご覧ください。

 (動画では「チガィンナッ」と、「ナッ」が入っています。これは、very(とても)と強調する言葉だそうです)

 

 

カンボジアでは、現地人と仲良くなると「ニャンバイハゥイ?」(=ごはん食べた?)と、よく聞かれました。

 

食事はカンボジア人にとって大事なコミュニケーションの場。だから、ごはんを「美味しい」とほめられると、カンボジア人は喜ぶよ。

by 仲良いカンボジア人のガイドさん

 

この話を聞いてから、できるだけカンボジア語クメール語)で、「チガィン!」(美味しい)、「オークン」(ありがとう)、と伝えるように心掛けました。

 

少し発音が難しいですが、その場の雰囲気でなんとかなるので(優しいカンボジア人は察してくれます。笑)ぜひ、覚えておきたいあいさつです。

 

 

3.カンボジア語「こんにちは」

 カンボジア語の「こんにちは」は、「チョムリアプスオ」です。

これもまた、発音が難しいですが、声をかけるときに使えるので、覚えておくと便利。カンボジア旅行前に、youtubeで練習をしておきましょう(笑)

 

動画のように手を胸の前で合わせながら、あいさつをするのがカンボジア式。どこの高さで手を合わせるかによって、相手への敬意の伝わり方が変わるそうです。

 

日常的なあいさつでは動画のように、あごの前あたりで手を合わせるのがよさそうです。

 

 

さいごに

カンボジア語は日本ではなあまり聞かない言葉なので、最初は「何?」「何て言ってるの?」状態でした。

現地の方も英語が話せるので、観光をするのに英語が使えれば問題ありません。でも、英語で伝える気持ちと、現地語で伝わる気持ちは、やはり違うと思います。

 

わからないながらも、カンボジア語を使って、現地の方とコミュニケーションがとれるとカンボジア旅行がますます楽しくなるはずです。

まずは、3つのカンボジア語のあいさつを練習して、カンボジア旅行をさらに満喫してみてはいかがでしょうか?